A private teacher and a coaching school


  家庭教師選びのポイント

 家庭教師を選ぶにあたって、一番大切なことは生徒との相性です。当然のことですが、家庭教師にも当たりはずれはあります。誰もどの家庭教師が良いかなんて一概には言えません。学校の先生や塾の先生の場合は、生徒数が多いために多くの生徒によってよい先生が評判の先生ということになります。しかし、家庭教師の場合は生徒は一人です。よって、生徒との相性が家庭教師を選ぶ上で非常に重要な要素になってきます。東京の学校の受験を目指しているなら、東京の受験対策に強い先生の方がいいのは当然ですね。

 よく家庭教師派遣会社の宣伝の謳い文句に「東京の有名大学の教師しか採用していません。」とあります。有名大学の先生=優秀な教師なのでしょうか。そんなことは無いと思います。確かに有名大学に在籍しているということは、小、中、高と勉強ができたに違いありません。しかし、自分が勉強するのと人に教えるのでは雲泥の差があります。有名大学在籍の教師は小、中、高と自分は勉強ができたものですから、勉強ができない生徒に対して「どうしてこんな簡単なことがわからないの?」とイライラしてしまうこともあったりします。でも、よく考えてみてください。自分の学力に自信がないのに家庭教師を希望する人がいるでしょうか。家庭教師を希望している以上、在籍している大学名に関わらず、みんなそれなりの学力は持っているのです。

 確かに有名大学の先生は優秀な人が沢山居ると思います。だからと言って、有名大学の先生だから優秀な教師だと即断するのはどうでしょうか、いくら頭がよくてもそれを生徒に伝えられなければ意味がないのです。では、優秀な家庭教師とはどのようなものなのか説明していきたいと思います。

 優れている教師は、生徒の性格、行動をよく熟知しています。生徒の性行を熟知していなくては、生徒が宿題をやってこなかった時や成績が思うように伸びないとき、やる気が出ないときにに適切なアドバイスをすることはできません。よって、優れている教師は、生徒の性格、行動をよく熟知しています。

 では、家庭教師を選ぶ段階でどのようにしてこの教師が生徒をよく見てくれるのかどうかを判断するのでしょうか。まず、面接や体験授業で教師が生徒に対して積極的に話しかけているか見るようにしましょう。

 家庭教師を雇うにあたり、生徒さんは初めて会う先生ということで、どんな先生だろう?厳しいかな?優しいのかな?等々、不安な気持ちで面接や体験授業に臨むでしょう。しかし、実は、家庭教師の方が生徒よりももっともっと不安なのです。生徒はどんな子だろう、とか、この生徒はやる気を出してくれるだろうか、とか、この生徒の成績を私は上げることが出来るだろうか・・・などなど家庭教師も非常に心配なのです。

 生徒さんの方は、家庭教師と性格が合わなければ教師をクビにすることも可能です。勿論派遣会社に対して代わりの先生を頼むことも可能です。しかし、家庭教師は「仕事」として教師をやっているのですから、簡単に辞めるわけにはいきません。よって、責任感の強い教師ほど、ベテランな教師ほど生徒さんの性格を知ろうと心がけるはずです。場合によっては、家庭教師の方から、「この子はどのような性格ですか」と聞いてくることもあります。何故なら、生徒さんの性格がおおよそでもわかれば、ミスマッチを予め防ぐことができますし、また実際の授業でも生徒の性格に合わせて指導することが可能だからです。

 

 


       MENU


 ■家庭教師とは

 ■家庭教師に依頼

 ■家庭教師選びのポイント

 ■家庭教師の上手な断り方

 ■学習塾と家庭教師比較

Copyright(c)2008 A private teacher and a coaching school All Rights Reserved