A private teacher and a coaching school


  家庭教師とは

家庭教師とは
家庭教師そのものを定義するのであればそれはごく単純で、「雇い主の自宅で勉強を教える仕事」のことです。
難しい言葉を使って説明することもできますが、家庭教師がどういうものなのかを知りたいのであれば
前述のような説明だけで十分でしょう。家庭教師という仕事を生業にしているのはプロの家庭教師以外にも、
学生時代に学費を稼ぐためにバイトとして雇われている人もいます。
家庭教師は雇ってくれるお客がいて初めて成り立つ職業なので、まずは自分の存在を
知ってもらわないことには稼ぐことはできません。
したがって、フリーの家庭教師は電柱にお手製のポスター(時給○○であなたのお子さんの勉強教えます、といった内容)を
貼り付けて宣伝します。しかし家庭教師派遣会社に属しているプロの家庭教師は厳しい審査の元に
選ばれただけあってその実力は確かで、その分フリーの家庭教師よりも割高になっております。
雇い主の依頼の元、学生やお子さんを教えることが家庭教師の仕事です。

前述のように、家庭教師とは学校以外の場所、時間に勉強を教えることを生業としており、
対象は主に小学生から高校生になります。小学生や高校生だけでなく早いところでは
幼稚園生の時点で英才教育として家庭教師を雇っている親御さんもいらっしゃるようです。特に東京などの首都圏は小さいうちから徹底した学習を行う親御さんが多いです。

○人生の先輩としてのアドバイス
家庭教師の本分は、受け持った生徒に勉強を教えて学力をアップさせることにあります。
が、しかし家庭教師は単に放課後学習として勉強を教えるだけの学習装置ではありません。
まがりなりにも、受け持っている生徒よりも長く生き、かつ勉強に励んだ期間が長いのですから
生徒の多くがつまづく教科や特に難しいとされている部分、効率の良い勉強方法についてなど
教えて貰えることは沢山あります。勉強を教えて貰うことを第一目的に据えて、
それ以外にも学べることがあれば積極的に教えを請うようにするのが一番です。
家庭教師の中には勉強以外を教えることは契約外と考える人もいるかもしれませんが
学校で起きたトラブルや勉強に対する悩み、授業への取り組みなど
生徒が家庭教師から学ぶことは多くあるので、契約期間中により多くの知識を得るためにも
人生の先輩としてのアドバイスを受けながら、効率の良い学習に取り組めるようにしましょう。

○家庭教師を雇うなら
高いお金を出して家庭教師を雇うのですから、当然雇い主としてはその費用に見合った成果を期待します。
”料金に見合った成果”という一基準では、○○円なら○○に相当という具体的な例を挙げることは難しいですが
依頼主それぞれが考える成果とその費用対効果としての家庭教師依頼料というものが一致もしくはそれ以上でない限り、
依頼主・家庭教師どちらにとっても満足のいく契約とはなり得ません。成果第一主義で家庭教師を雇うご家庭だと
費用とその効果についてのいざこざは耐えませんし、高いお金を出せば出すほどそれだけ大きな成果を期待した結果から
その家庭教師の質の判断や評価等にも影響が出てきます。家庭教師は言うなれば顧客からの評判で成り立っているので、
ひとたび評価が地に落ちるとなかなかその評価を挙げることは難しいものとなります。そのため、根本的な学力の低さや
教える内容の不十分さ、その人となり等に問題がある家庭教師は自然と評価が低くなるので、これが家庭教師選びの
バロメーターともなります。評判商売と言い換えても構わないくらい、雇う側からの評価で大きく別れる家庭教師の前評判。
雇う際には必ず前評判や実際の成果等を調べておきましょう。
東京は受験の激戦区でもあるので、家庭教師選びは慎重に行ってください。

 なお、数十万円もする高額な教材の販売目的を隠して近づいてくる悪質な会社もあるので、注意が必要です。

 

  オススメリンク

小宮生也のコラムサイトです。

小宮生也の投稿記事

 


       MENU


 ■家庭教師とは

 ■家庭教師に依頼

 ■家庭教師選びのポイント

 ■家庭教師の上手な断り方

 ■学習塾と家庭教師比較

Copyright(c)2008 A private teacher and a coaching school All Rights Reserved